So-net無料ブログ作成
検索選択

それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場

それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。
購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、買い替えにかかる手間は半分で済みます。
ただ、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまうことが挙げられます。
高値売却を望むのでしたら、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。
いままで乗っていた車を売却すると、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。
電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、日常的に車を使う場合は代車の手配をしないことには車を売ることができません。
けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を受けてくれるというものではありません。
次の車の納車まで間が空きそうなら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを会社ごとに聞いておくと良いでしょう。
大方の業者には当てはまらないことですが、数は多くありませんが、極悪非道なことをする業者も紛れています。
その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。
一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

トランプとイエレンの対立がもたらす高ボラティリティ相場に備えよ=近藤駿介

NYダウのボラティリティが10%未満で推移しているのはもう55営業日に達している。政治面での不透明要因が金融市場に適当なお湿りとなり、極端なポジションの偏りを抑える構図が続いているようだ。 日経平均の先週末のボラティリティは16.7%と、過去平均(約20%)を下回っ (続きを読む)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: